単身赴任での働き方と企業側の最近の採用動向

単身赴任は大変なことが多い

地元企業での勤務を希望している人であっても、全国展開をしているような大きな企業に入社すると、転勤することも考えられます。特に入社してまもない時期の若手社員は数年ごとに転勤をする業種や企業もあります。また独り者の身であればいいですが、家族がいる場合には、配偶者も一緒に引越ししたり、また引越し先では知らない人ばかりで近所付き合いに困ったり、また子供がいて学校に通っている場合には転校の手続きや、子ども自身が新しい環境に慣れにくいことも考えられます。

単身赴任で不利にならないように

そのため家族がいる人は、家族に迷惑をかけないように家族を地元において自分だけが転勤する単身赴任をおこなう人も多くいます。転勤先では企業の寮に入ったり、また社宅に入って生活することになります。単身赴任ではかまどが二つになるために、生活費も多くかかったりすることもありますが、企業の方でも、社宅料金に安く入れるようにしたり、また転勤手当を出して転勤によって損することがないように配慮してくれる企業も多いです。

地域限定社員という採用方法

しかも単身赴任で夫婦がばらばらになるために、例えば1か月に1度などのタイミングで地元に帰省する旅費を企業負担で提供するところもあります。企業としても安定した生活があってこそ、仕事に専念してもらえるために福利厚生面でも充実させているところが多いです。また最近の働き方として転勤を好まない人も多く、企業側でも、地域限定社員という勤務地域を限定して人を採用する方法を取り入れているところも多くなっています。

単身赴任の家具は、揃えるのが大変です。単身赴任には、家具家電付きの物件が人気があります。引越しが安く済みます。