結婚式は基本的には一生に一回だが、何回挙げても構わない

一度目の結婚式の場合

人生で一度きりの結婚式では多くのことを学ぶことが出来るでしょう。結婚は人生で一度きり赤い糸で結ばれた永遠の伴侶なら間違いなく人生をともに生きるパートナーと呼べます。ともに歩むべき夫婦の誓いは結婚式という舞台で行われます。結婚式には多くの参列者が訪れることでしょう。誰のためにある結婚式なのかということを考えれば、もちろんカップルのためにある結婚式であるのは当たり前ですが、新郎新婦の家族や友人、会社の上司や部下などの祝福があってこそ挙げることが出来る式だということも忘れてはなりません。

二度目の結婚式もある

運命の人と別れる羽目になった人もいます。そのような場合も多くあることも世間では知られています。再婚をする場合、結婚式を控える派と挙式する派と賛否両論になりますが、結婚式は二度挙げてはいけないという規則も法律もありません。周りの祝福があるなら是非結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか。幸せはいくつあっても構いません。結婚式は幸せになるために挙げるものですし、二人の幸せをこころから祝う両親や友人も多くいることでしょう。

三度目の結婚式なら

二度あることは三度あるということわざがありますが、三度目の結婚になると初めての結婚式とは全く違った雰囲気になるでしょう。一度目の結婚では性格の不一致で別れたという人なら失敗から多くのことを学んでいます。二度目の結婚では失敗から得た経験を生かして新たな人生を再び歩む決心も出来るでしょう。しかし二度目の結婚も報われず三度目の結婚をするに至った人も意外にも多くいるのです。三度目の結婚だから結婚式は「もういいや」と否定的になることもありません。幸せになるための結婚式ですから三度目の結婚式だってありと言えるでしょう。

式を挙げるなら、高崎の結婚式場が良いです。高崎山の白衣観音に手を合わせ願を懸けるとかなうと云います。